サイトメニュー

筋肉をコントロール

注射を打つ人

筋肉に作用する薬剤

ボトックスはとても優れた薬剤で美容目的の治療にも使用されるようになりました。ボトックスを患部に注入することによって筋肉のバランスをコントロールすることができます。筋肉が動きすぎると筋肉自体が太くなったり、表情筋に関してはくっきりとしわが生じてしまいます。このような場合ボトックスが有効に活用できるのです。表情筋の動きによってくっきりとできたしわはボトックスを注入することで軽減させることが可能です。一時的に筋肉の動きが弛緩しますので、しわ部分がなだらかになってしわが目立たなくなるという仕組みです。あくまでも一時的なものですから効果につきましては大体半年程度で薄れていきます。効果がなくなると元の状態に戻りますので、効果が薄れてきたと感じたら再注入することで状態維持が可能です。しわ以外にもエラや足痩せにも使用されています。患部に注入して筋肉の動きを抑制することによって段々と患部の筋肉が細くなっていきます。その作用を利用することでエラが目立たなくなり輪郭をシャープに魅せることができるでしょう。ふくらはぎに関しても筋肉が発達しやすいパーツですからダイエットをしてもふくらはぎだけ痩せないという方も珍しくありません。そんなときこそボトックスが最大限の効果を発揮するのです。

ボトックスを受ける前にはメンテナンスについてや効果の継続についてなどの知識を頭に入れておくべきです。その時だけ効果があれば良いと考えている場合は別ですが、継続的にメンテナンスを考えているのならば医師と相談しながら決めてください。ボトックスには一時的に筋肉を麻痺させる効果がありますので、過度に打ち過ぎると自分の意志で筋肉が動かしにくくなりますので注入量や注入ペースは医師の指示に従って決めてください。正しく使用すれば安全性があり効果の高い薬剤です。ボトックスを受けるときにはまずはカウンセリングからはじめます。クリニックのカウンセリングを予約するのですが、施術自体短時間で済むので場合によってはそのまま施術を行うケースもあります。もちろん、カウンセリングを行ってから一旦持ち帰っても構いませんので、よく考えてから施術を受けるかどうかを決めてください。注入後すぐに効果が現れるのではなく、2〜3日後から段々と目に見えて効果が現れてくるのが一般的です。そして効果は三か月から半年程度と考えてください。もちろん個人差がありますのでそれより長く効果が持続する場合もありますし、逆も然りです。ボトックスの種類などによっても持続性は変わってきます。

Copyright© 2019 小顔整形をはじめ美肌や肩こりの改善に至るまで、施術ごとの特色や基本知識などを紹介 All Rights Reserved.