サイトメニュー

切らずに済むことで高評

看護師

視線が気になるシワの悩みは整形注射で改善

魅力的な人は表情も豊かですが、年齢が進むと肌に刻まれる表情ジワが悩みの元になることが多々あります。その場合は美容整形のヒアルロン酸注射なども有効ですが、シワ自体を発生させたくない際はボトックスがベターです。ボトックスはヒアルロン酸のように肌へ潤いを与えて張りを出すのではなく、シワを作る筋肉に力が入らないようにします。施術方法は目的の部位へボトックスを少量打つだけなので、顔を切開するといったことはありません。もちろん縫合も行いませんから、術後に抜糸する必要もなく、原則として1回限りの通院でも完了する施術となっています。また、ボトックスを打つ際は普通の病院で多用される注射針より細いタイプを用いるのが一般的なので、肌に針を入れる時の痛みも少ないのがポイントです。そのため麻酔が必ず必要という治療ではなく、麻酔がオプション扱いのクリニックも珍しくありません。ただし標準で麻酔がセットになっている美容クリニックも多く、その場合は大抵、麻酔クリームもしくは麻酔テープなどが使用されます。注射だけなら施術は5分や10分ほどで終わりますが、表面麻酔を使用した場合は感覚が鈍るまで30分ぐらい待ち、それから施術に移るのが通例です。

人の視線が気になる表情ジワには目元や額、それに眉間などもありますが、ボトックスはそれらの表情ジワを改善できることで高評価となっています。注射だけなので美容整形外科を初めて利用する人でも受けやすく、口コミでも評判が評判を呼んでいる状態です。またボトックス注射が評判になっているのは、単に治療が受けやすいだけではありません。治療効果に優れるのはもちろん、術後の生活制限もほとんどなく、特別なケアが必要ないことも挙げられます。そのうえたった1日の治療で3カ月から6カ月は効果が続くため、すぐに効き目が終わらないことでも大好評です。薬の効力が終わってもボトックスは続けて治療できますから、再注入によりその後も若々しい状態をキープできます。反復して注射する場合はその都度費用が掛かるため、最終的に高額となるケースもありますが、顔を切らずに済むという素晴らしいアドバンテージにより高評です。そして、費用は概ね1万円から3万円前後となり、注入量や注入部位、それにクリニックなどによって実際の金額は前後します。なかには初回利用だと限定価格が適用され、次回から標準価格になる場合や、ビジターと会員で金額が異なるなど、同一クリニックでも料金が違うケースもあるのです。

Copyright© 2019 小顔整形をはじめ美肌や肩こりの改善に至るまで、施術ごとの特色や基本知識などを紹介 All Rights Reserved.